JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #31 2018-01-05 15:42:32

    hiranuma
    Member
    登録日: 2015-08-25
    投稿: 255
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: ケッテンクラート 1/35 TAMIYA

    延々と工作を続けているケッテンクラート
    自分では前期型を作っているつもりだったのですが
    前期型と後期型(リアシートの手摺に鉄板が張られているもの)以外にも前部の
    牽引フックの形状と位置が違ったものと前照灯の廃止された後期型などバリエーションがあるのは承知していました。
    秋頃に買った「グランドパワー2016年1月号 別冊 ドイツオートバイ部隊」の最後に付録的にケッテンクラートのことが開設されておりこれまで検索して集めた写真などでは解らなかったエンジン周りのことなどの理解が進んだのです。

    mini_P1052814.jpgmini_P1052815.jpg

    mini_P1052816.jpg


    年末に「PANZER臨時増刊 ケッテンクラート解体新書」を見つけ存在は知っていたものの買わずにいたのですが今頃になって買ってしまい、私が作っているものは何型!?と疑問符が、、。

    mini_P1052813.jpgmini_P1052819.jpgmini_P1052817.jpgmini_P1052818.jpgmini_P1052820.jpg


    タイトルの通り日本に3台(もしかしたらもう一台?)在ると言われているケッテンクラートの所有者の軍事車両勉強家の小林雅彦さんがふとしたきっかけで入手したケッテンクラートをレストアしてきた詳細と付随したケッテンクラートの分類やディテールをまとめたものです。
    静岡ホビーショーで以前に展示されていたのはおそらく小林さんのレストアしたものだったのだと思います。

    小林さんが調べた結果ではケッテンクラートは、
    試作型Kfz.620:1940年/70台
    0シリーズ(先行量産型):1940春〜1940年末/500台
    前期生産型:1941年末〜1943年初/約1000台
    中期生産型:1943年初〜1044中期/4000台
    後期生産型:1944年9月〜1945年5月/約3000台
    最後期生産型:1944末〜(?)/生産数不明
    戦後生産型:1945年5月終戦〜1949年/約550台
    の7つの分類になると書かれています。
    それぞれのタイプを横断して小改造が繰り返されたようで、
    ナンバープレートの有無
    前部車幅灯の形状違いと有無
    NSUのロゴマークの有無
    前輪フェンダーのステーの取り付け方と形状の違い
    前照灯の有無とフロントフォークの形状の違い
    フロントフォークの中央にスイングアームに付く左右3つの穴が空いている部品の有無(これが何なのか解らない)
    フロントの牽引フックの形状違いと有無
    リアシート脇の手摺の鉄板の有無(昔これは防弾効果のため付けられたという記述を何かで読んだ記憶があるが甚だいい加減な話と思えた)
    左右の燃料タンクキャップの脇の21L(給油量表示)のプレート溶接と同前部へのプレス
    エアフイルターの形状の違い
    バックミラーの有無
    左右の雑具箱(燃料タンクの後ろ側)の形状に違い(これに加えて表面のボルトの有無や形式違いもレストア時のものかもしれないが色々在る)
    ダッシュボード周りの細かな違い
    転輪の形状違い
    リアのナンバープレート取付部の形状違い
    ・・・などなどが混在していて何型の何とは言い切れないものが。
    なので、この自分勝手流に0シリーズの改良版(戦時で壊れたら直すことは多々)として捉えようと思います。

    それにしても作ってしましたものを直す必要が出てきたので
    前照灯にスイッチを付け

    mini_P1052821.jpg



    ハンドル基部のオイルダンパー部分をカットして(惜しくてまだカットできない)
    キャンバス製のカバーを被せることにします。

    mini_P1052809.jpg

    mini_P1052810.jpg

    余計なものを見てしまったので燃料タンクキャップ横の21Lの刻印をしたプレートも付けました。
    (まったく再現はできていないのですが 21L とでデバイダーの先で刻んだつもりです:気持ちが大切)
    キャップに4つのプレス突起も伸ばしランナーを刻んで接着してそれらしく作ってみました。

    mini_P1052811.jpg

    リアの手摺の厚みのある部分に0.1mmプラ板を巻きました。

    mini_P1052812.jpg

    そんなこんなで、また制作遅延

    編集者 hiranuma (今日 09:06:11)


    《AFV model 微細加工研究所 研究員》

    オフライン

    6 人が「いいね!」と言っています。:パッヘルベル, Guest, Kazufumi, ふぁっとまん, おさる, REV3

    #32 2018-01-05 22:22:38

    Kazufumi
    Administrator
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,196
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: ケッテンクラート 1/35 TAMIYA

    私もイタレリ(旧ESCI)の1/9ケッテンが控えておりまして、まさにこの2冊を入手しました(まだじっくり読んでません)。
    ケッテンクラートって資料として画像を集めても細部が違うのが色々混在してて、どれがいつ頃のものなのかよく分からない・・・ 7つもの分類があったんですね。そりゃ混乱するわけですね。


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    Board footer