JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #1 2012-12-29 19:29:55

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,150
    マイトピック
    投稿を見る

    【2012作り納め】戦場カメラマン in ベトナム 1971 (1/10)

    久々の投稿になります。今年の作り納めとして、LIFE MINIATURESの1/10戦場カメラマンバストを塗りました。

    mini_warphotographer-4-01.jpgmini_warphotographer-4-02.jpgmini_warphotographer-4-03.jpgmini_warphotographer-4-04.jpgmini_warphotographer-4-05.jpg

    キットのモデルはラリー・バローズという実在の戦場カメラマンですが、今回似せる事は考えずに自分の好きなように塗りました。今年のイベント参加等を通して受けた刺激や経験をふまえたバストモデルにおける今年の集大成として、顔に関しては今持てる技術を全て投入しました。今回は所謂ユーロ調でもドール調でもない、自分なりの「フォトリアリスティック」を追求してみました。

    ジャケットやカメラ等の機器に関してはまだ改善の余地があるので、色々意見を聞いたり調べたりして暫く寝かしながら追々塗り込んで行こうかと思います。

    感想/質問/コメント、お気軽に。


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    21 人が「いいね!」と言っています。:Guest, 岩野 歩 (いわのふ), S.Kikka, すこっつ, マック, ki-yeol yoon, Dora, panzervati, エインセル, ダントン, kinnta, ツカサ, たーさん, Silurian, ふぁっとまん, HIKARU, Nasi kandar, 木蘭, picotang, REV3, 宮崎一誠

    #2 2012-12-30 02:02:53

    ツカサ
    Member
    登録日: 2011-09-19
    投稿: 780
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【2012作り納め】戦場カメラマン in ベトナム 1971 (1/10)

    素晴らしい作品に対して敬礼!

    そして、余談になるのですが・・・

    今回、フランスのフィギュリーネ97号~100号を購入したのですけど、フィギュアは同じ原型でも塗る人によっ
    て表現が全く違うんだな、というコトを(色々な意味で)知ったのでありました。

    そして、違う表現の中で、それぞれペインター師のキャラクターへの思い入れがあることを、鑑賞する人間が、
    くみ取るようなスキルも必要なんじゃないか?ということを考えさせられた気がします。

    そう考えないと、同じフィギュアで複数の素晴らしい作品を拝見したときに「あ。どうしよ」って思うんですよねw

    素晴らしい作品ならばなおのこと・・・・


    - 筆とスパチュラ -  since2014
    http://miniboxfan.cocolog-nifty.com/fudesupa/

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Guest, kinnta

    #3 2012-12-30 05:32:00

    たーさん
    Member
    登録日: 2011-12-03
    投稿: 332
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【2012作り納め】戦場カメラマン in ベトナム 1971 (1/10)

    AFVでも言えることですが、今回の戦場カメラマンバスト作品のように実在した人物や、現存する車両を塗る時はどうしても
    自分の色味を出していく(イメージしていく)のが難しいですよね!
    しかし、そこが面白いところだと思います。今回の作品を拝見して、肌の透明感といいますか柔らかさが強く表現されていると感じました。
    髪もまるで柔らかい素材なのではと錯覚させられます。
    私はWW1から現物まで気に入ればなんでも作りますが、WW1の雰囲気、WW2の雰囲気、大戦後のと同じ色でもその時代の空気が
    感じられるペイントが課題です。雰囲気というのは色は決められた色ではなく自分のイメージでということで、毎回どんな色にするか考えるのが
    楽しみです。
    戦場カメラマンは原型で時代の設定がありますが見ていて顔の塗装が時代をとても上手く表現されていると今回の作品で私が強く感じたところです。
    素晴らしです!


    苦労を金で買う!難関は喜び

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Guest, kinnta

    #4 2012-12-30 10:04:47

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,150
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【2012作り納め】戦場カメラマン in ベトナム 1971 (1/10)

    ツカサ さんの発言:

    今回、フランスのフィギュリーネ97号~100号を購入したのですけど、フィギュアは同じ原型でも塗る人によっ
    て表現が全く違うんだな、というコトを(色々な意味で)知ったのでありました。

    そして、違う表現の中で、それぞれペインター師のキャラクターへの思い入れがあることを、鑑賞する人間が、
    くみ取るようなスキルも必要なんじゃないか?ということを考えさせられた気がします。

    そう考えないと、同じフィギュアで複数の素晴らしい作品を拝見したときに「あ。どうしよ」って思うんですよねw

    まさにそこがフィギュアペインティングの醍醐味では、と思っています。塗る人の原型に対する解釈を楽しむ、といいますか。
    バストやフィギュアの場合改造やフルスクラッチをする場合をのぞき、誰か他の原型師がスカルプしたものを塗るわけですから、ペインティングのみでの表現にフォーカスします。
    無改造の場合はペインターの解釈の違いが如実に現れるので、見る目が出来てくると面白いです。下地の条件が全く同じなのでコンテスト向きとも言えますね。

    この辺は他のスケールモデルで言うと「素組みで、改造&ディテールアップ禁止。ペインティングのみで勝負」という感じでしょうか。
    AFVで言うと(市販の模型を1アイテムとして自分の表現に使用する)ジオラマではなく、単品作品を塗り込むのと楽しみ方の本質は全く同じだと思います。


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:kinnta, Guest

    #5 2012-12-30 10:24:36

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,150
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【2012作り納め】戦場カメラマン in ベトナム 1971 (1/10)

    たーさん さんの発言:

    AFVでも言えることですが、今回の戦場カメラマンバスト作品のように実在した人物や、現存する車両を塗る時はどうしても
    自分の色味を出していく(イメージしていく)のが難しいですよね!
    しかし、そこが面白いところだと思います。今回の作品を拝見して、肌の透明感といいますか柔らかさが強く表現されていると感じました。
    髪もまるで柔らかい素材なのではと錯覚させられます。

    原型が、よく見ると本人に微妙に似ていないのですよ。(笑)あえてあまり似すぎないようにしているかな?とも感じました。ラリーバローズはもっとかぎ鼻で鼻が大きく、神経質そうな顔ですよね。
    なので、私は「ある戦場カメラマン」という感じで、原型をそのまま私なりの解釈をして好きなように塗りました。

    肌に関しては今年色々研究した結果、まさしくその透明感をアクリルで出すために実験して上手くいった方法を組み合わせてみました。
    アクリルペインティングで肌の透明感を出すために間違いなく言える事は、

    ◯前のストロークが完全に乾くまで決して次のストロークを塗ってはいけない
    ◯薄過ぎて流れる一歩手前の薄さで「面」で塗り重ねる
    ◯ストロークの最後はダマにならないようにスッと離す

    という事かなと思っています。

    今回はそれに加えて、新しい試みとして「最初に死人の顔を塗り、次に血色を加えて行く」という手法をやってみました。

    最初は赤系の色を一切使わず、バーントシェンナとネイプルズイエローのみで顔を塗り上げていくわけですが、そうするとまるで死人のような血色の悪いゾンビ顔になります。
    そうやって下地が出来たら皮膚が薄いと思われるところを中心に赤みを加えて血色を出していくわけです。
    赤みはこれまでブラウンマダーだけを使っていましたが、今回ローシェンナの黄色身を加えて微妙にオレンジ寄りにしてみました。

    たーさん さんの発言:

    私はWW1から現物まで気に入ればなんでも作りますが、WW1の雰囲気、WW2の雰囲気、大戦後のと同じ色でもその時代の空気が
    感じられるペイントが課題です。雰囲気というのは色は決められた色ではなく自分のイメージでということで、毎回どんな色にするか考えるのが
    楽しみです。

    空気感の演出は一番難しい課題ですよね。またあまりリアルを追求してもそうは見えないところがまた難しいです。スケール模型では作者独自のセンスによる多少の誇張があったほうが面白いと私は思います。


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    4 人が「いいね!」と言っています。:kinnta, Guest, たーさん, 木蘭

    #6 2013-01-02 14:45:10

    ki-yeol yoon
    Member
    登録日: 2011-05-20
    投稿: 446
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【2012作り納め】戦場カメラマン in ベトナム 1971 (1/10)

    個人的には、製品Box Artよりも感じがいいです。
    自然な感じがいいです。

     LIFE MINIATURESの1/10戦場カメラマンSculptorと (Ju-Won Jung)
     Zaporozhian Cossacks(Young Miniatures1/10)Sculptorと (Greeny Ahn)
    私の誕生日を一緒にしました。

    話を交わす中Kazufumiさんの話もしました。

    二人だKazufumiさんを知って人形塗装スタイルを非常に好きです。^_^mini_IMG_3898_20130102-0046.jpg

    編集者 ki-yeol yoon (2013-01-02 16:46:45)

    オフライン

    4 人が「いいね!」と言っています。:Guest, キム, Kazufumi, HIKARU

    #7 2013-01-03 10:36:16

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,150
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【2012作り納め】戦場カメラマン in ベトナム 1971 (1/10)

    ki-yoelさん、コメントありがとうございます。おぉ〜Ju-Won JungさんとGreeny Annさん、Max Choさんと一緒に誕生日祝い会をしたのですね!凄いメンバーですねしかし。。(笑)
    Greeny AnnさんもJu-Won Jungさんもどちらもそれぞれ個性があって私の大好きなスカルプターさん達です。二人とも世界トップレベルの凄い才能の持ち主だと思っています。

    Box Artはこれまた私の好きなSang-Eon Leeさんによるものですが、同じスタイルで塗っても彼には到底勝てないので(笑)、別の違ったスタイルを模索することを頭にイメージして塗りました。

    良い写真とコメントありがとうございました!


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #8 2013-01-03 17:38:53

    demobird
    Member
    登録日: 2012-02-11
    投稿: 101
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【2012作り納め】戦場カメラマン in ベトナム 1971 (1/10)

    グラデーションの滑らかさは言うまでもなく、肌の質感が素晴らしいです。
    私はヴァレホを使ってみているのですが、インターバルが空くと感覚が鈍ってしまって、苦労しております。
    大きいフィギュアを塗って見ようと思ったのは、ここでKazufumiさんの素晴らしい作品を目にしたからです。
    大変参考になりました。

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Guest, Kazufumi

    #9 2013-01-03 21:22:36

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,150
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【2012作り納め】戦場カメラマン in ベトナム 1971 (1/10)

    demobirdさん、コメントありがとうございます。ヴァレホを始め、アクリルはみなさん苦労するようですね。SHSやモデラーズEXPOでもアクリルでどうやってグラデーションをつけるのか、ブレンディングはどうするのか、というのが一番聞かれる質問でした。

    肌の質感は、永遠の課題です。毎回が実験なので、今回はこれまで狙い通り上手くいった手法をまとめてみた、という感じです。ヴァレホでもフレッシュベース、サニースキントーン、ベーシックスキントーン、あとはカドミウムレッドとジャーマンオレンジがあればある程度似た効果は出せるかな?と思います。


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #10 2013-03-23 09:10:32

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,150
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: 【2012作り納め】戦場カメラマン in ベトナム 1971 (1/10)

    この作品のペインティングHowTo記事を寄稿させて頂いた『SCALE MODEL HANDBOOK 6』が発売になりました。見本が届いたのでご紹介させて頂きます。
    mini_IMG_0379.jpgmini_IMG_0368.jpgmini_IMG_0371.jpg

    掲載は全6ページ。記事は英文2ページを書かせて頂きましたが、今回は余計なペインティングの背景となっている自分の哲学的な事は書かず、極力シンプルな英語で使っている色と手順だけを書きましたので分かり易いと思います。

    今回の号はペインティングだけでなくスカルプティングや35戦車兵フルスクラッチなどバラエティに富んでいます。
    p_30_31_crewman.jpg

    購入はこちらから。
    http://www.mrblackpublications.com/FIGU … 37370.aspx
    cover_smh6_final.jpg

    製品本は私の手元にも3冊ほどありますので、¥1,900+送料で提供します。興味ある方はメッセージ下さい。


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    11 人が「いいね!」と言っています。:gaoo, oshipin, Guest, sugark, たーさん, HIKARU, demobird, 岩野 歩 (いわのふ), S.Kikka, kinnta, ki-yeol yoon

    Board footer