JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #1 2012-10-25 00:12:51

    キム
    Member
    登録日: 2011-11-13
    投稿: 245
    マイトピック
    投稿を見る

    DAK MG機関銃チーム

    自分のアバター写真のビネット制作をご紹介致します。
    2011年 喜屋コン応募作品です。 この作品は昨年の静岡にも持って行った物です。(タミヤニュースでも紹介されています)

    1/35スケールではなく、少し大きなスケールを作りたくなったことと、国内メーカでは大きなサイズのキットが少ない事もあり、エールを送る為にセー作を致しました。

    少ないキットではなかなかストーリを作る為の組み合わせがなくビネットを作るのもハードルが高いと思います。
    私もその辺りが歯がゆく、出来るだけキットを生かして、制作することを目標としました。

    で、結局私の十八番であるDAKに落とし込むのが一番と、今回の題材を選びました。

    本来機関銃値ムは5人一チームになるのですが、5人登場するとビネットではなくダイオラマになってしまいそうなので、家庭の事情で3人と致しました。
    当然指揮官は必要で、機関銃手、弾薬運搬と担当を明確にし、それぞれが陣地構築準備中としてレイアウトして行きました。

    今回の目玉である「MG42」はタミヤのキットで唯一ビネットに出来るであろう2種類を選び、それぞれから部品を合わせました。
    三脚座はキットでは折り畳まれている状態であった為、エッチングソーやカッター等で分解。真鍮棒や鉛板、プラ板などで部品を新造。特に照準器、脚の調整の構造を食い入るように調べました。

    脚は最後にセッティングするときに調整できるように可動するようにしてあります。キャリング用のストラップも金具を真鍮で作り鉛板で重量感を出しています。
    DSCF2413.jpgDSCF2414.jpg

    思っている程難しくない改造ですので、皆様もトライしてみては如何でしょうか?

    また、後でご紹介致しますが、やはり弾帯は欲しいですね〜。
    でも、タミヤのキットには付いていません。一時は自作しようかと思いましたが、やはり構造を見て無理だ〜!
    諦めていたところに、ドラゴンのキットでバルジの戦いの物についていると聞き、急遽頼み込んでかして頂き、レジンで複製を取りました。(この話は又後日。)

    ということで、弾薬ケースをスクラッチして、コレもまた複製を取りました。
    DSCF2416.jpg

    50発入りの円弾倉は、キットを、「型取りクン」でそこにレジンを流しました。
    写真を見て気がついたかと思いますが、レジンに色がついています。
    今回白のレジンを使っていますが、やはり塗装が剥げた時、白が出てくるのがいやなのと、形状が分かりやすいように、トライして見ました。
    この色は、タミヤエナメルで着色して見ました。 硬化剤を混ぜる前は色が濃いのですが、硬化が始まるとパステルカラーに変色しました。つまり濃い色は出せないということです。多分硬化のときの「泡?』なのでしょうか?
    制作には影響はなかったです。

    次回は、MGにフィギュアをからめた紹介を致します。

    編集者 キム (2012-10-25 00:31:27)

    オフライン

    11 人が「いいね!」と言っています。:Kazufumi, S.Kikka, ki-yeol yoon, Guest, たーさん, kinnta, HIKARU, ふぁっとまん, ツカサ, Nasi kandar, 宮崎一誠

    #2 2012-10-25 23:18:58

    キム
    Member
    登録日: 2011-11-13
    投稿: 245
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: DAK MG機関銃チーム

    今回は、MG42に合わせてフィギュアの工作をご紹介致します。

    このビネットに合わせて購入していましたキットは2セットでしたので、3人目をどうするか、、、。
    コスチュームや、ポーズの改造を考えると、結局スクラッチすることを選びました。

    ヘッドは、照準器を覗きながらセッティングしている想定にしましたので、覗いている感じを出すことを表情にもりこむことを考え、DAK戦車兵のヘッドをベースに改造をすることと致しました。

    まず、ビネットの変化を付けたいのと、まだ戦闘状態ではないという説明をかねて、無帽の状態にすることと致しました。
    ヘッドはトップが差し替え部品で略帽と交換できるようになっていましたので、パテでスキンヘッドを作り、片目で覗き込んで顔がしかめ面になっているように、パテで表情を付けました。
    毛髪はエポキシパテを細く伸ばし、一本一本 ”植え付けて”行きました。
    後の講評のときに、「コレはドイツの髪型というより、ヤンキーなのかな?」と評価されました。もっと、刈り上げた感じにすればよかったのかな〜?

    手はキットを使い改造を致しました。三脚に手をかけ(ここにはパン出来るように解除レバーと、トリガーは配置されています。
    右手側に付いているノブは、リフト(仰角)を変える為の物です。
    キットを改造するときには、この部品は作らねばなりません。

    腕や身体、脚は1/35の改造と同じ手法で作っていますが、芯になる部分はレジンの塊で、パテの使用量を減らしています。

    ブーツは、先ほどの戦車兵のキットの靴底にプラ板打ち抜きの丸で、鋲を再現。それを型取りしてレジンで複製を取りました。
    そのままの型取りでは、同じ物は出来ますが、変化がなく、ポーズに不自然さが出てしまいます。
    そのため、半硬化下段階で型から抜きし、ポーズに合わせて、足首を伸ばしたり、踏ん張ったりと変形させておきます。
    この手法は、タイヤの自重変形などにも応用されていますね。

    地面にベタ座りをして、セッティングしている状態を再現してみました。シャツ姿も緊張感のまだないことにも一役かっていると思います。

    前回も触りました、弾帯はシリコンでたいやき型を作り、レジンを流し込んだのですが、どうして型に回り込んでくれません。
    結局いくつも作り、寄せ集めて何とかしました。
    (このような形状をきれいに作る秘訣を、どなたかお教えください。)
    弾帯ケースは、プラ板で作った原型を使っています。

    IMG_1416.jpgIMG_1417.jpgIMG_1418.jpgIMG_1419.jpgIMG_1420.jpg

    弾帯を少しねじっておくと実物感が出ると思いますが?

    次回は、次のフィギュアのご紹介です。

    編集者 キム (2012-10-26 20:20:26)

    オフライン

    6 人が「いいね!」と言っています。:REV3, Kazufumi, Guest, kinnta, ツカサ, ki-yeol yoon

    #3 2012-10-26 00:57:21

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,160
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: DAK MG機関銃チーム

    このヴィネット、AM誌では小さく掲載されていたのでこうやって大きい画像で、しかも製作過程も見れて嬉しいです。
    DAKの三脚MG42は私もやってみたいテーマなので嬉しいですね〜。三脚と弾倉の複製が欲しいです。(笑


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:Guest, kinnta

    #4 2012-10-26 20:33:38

    キム
    Member
    登録日: 2011-11-13
    投稿: 245
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: DAK MG機関銃チーム

    Kazufumi様

    ありがとうございます。
    最近のAMは昔と違って、喜屋コンの記事が小さくなってしまいましたね。
    しかし、「コンテストで賞をもらうポイント」の記事を扱っているのは、ちょっと逆行しているとも言えるのですけれども。

    ということで、拙作でも見てみたい方がいらっしたとは、大変光栄です。

    MG42(本当はMG38が良かったのですが)は、弾帯さえ手に入れば鬼に金棒です。メーカーから出されることを願っています。
    キットは、本当に簡単な改造でクヲリティーが上がります。 三脚も、足の延び縮み加工と、開脚の時に可変するアームを真鍮パイプで作れると、後は基本キットの追加工で済みます。手袋をしたまま引き金を引けるようにリンクを返してあるレバーを追加するとらしくなります。 出来れば照準器とケースを追加してもらうと嬉しいですね。弾帯ケースは複製は出来ますが、他は複製より金属加工した方がしっかりするでしょう。

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #5 2012-10-27 23:35:37

    キム
    Member
    登録日: 2011-11-13
    投稿: 245
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: DAK MG機関銃チーム

    今回は、弾薬ケースを補給しているフィギュアを紹介致します。
    ベースはタミヤのMG42をしょっている物を使っています。
    基本的に、最中のキットですので、中空なためポーズの変更は至難の業です。
    まずは基本の組み立てを部品ごとに行った後、中にレジンを流し込みます。その際熱を発しますが、幸いに変形は気にならず、たとえあったとしても、分からないと思っています。後に加工してしまう為です。
    その後、描く関節付近からカットして、ポーズを付けて行きます。中が無垢状態になっていますので、服の皺は安心して付けて行くことが出来ます。
    反面、無垢になったため、重量が重くなり支えている手がすぐにつかれてしまいます。

    ヘッドは、以前作っていたデフォルトとしての自作ヘッドを使っています。
    補充弾のケースは重く、いっぱい持ち歩いているため、遺棄が切れ顎が上がり気味になり、呼吸が荒い感じの表情として見ました。
    軍服の襟は、同キットの戦車兵の物を「型取りクン」とレジンでコンバートしています。
    裾のめくれは、キットの裏を削り「うすうす」にしたのち、とろとろ接着剤を塗り樹脂を軟性化させ、身体に押しつけ形状を出して行きます。

    ブーツは、先の機関銃手と同じように、レジンの反抗か状態で、つま先と足首の変化を付けました。

    ストラップ類は、プラペーパです。
    背中の弾帯ケースをしょわせるため、プラペーパーで「A型ストラップ」を自作。レジンで複製した弾帯ケースを、銅板を細ギリにしたベルトで固定。
    ちょっとへろへろしてしまいました。このスケールは、少し腰がアルようなマスキングテープにしておけば良かったです。

    手にも弾帯ケースを持たせていますが、オフセットした取手を見せたかったので、フィギュアにはかわいそうですが、結果的に持てるだけ持ったせたので、とっても重労働なフィギュアとなってしまいました。

    接地させる地面の段差がもう少し或る差凹邸想定でしたので、必要以上にしゃがみ込んでいるポーズとなってしまっています。

    IMG_1411.jpgIMG_1412.jpgIMG_1413.jpgIMG_1414.jpgIMG_1415.jpg

    次回は、指揮官をご紹介致します。

    オフライン

    10 人が「いいね!」と言っています。:Kazufumi, REV3, Guest, kinnta, ツカサ, たーさん, HIKARU, S.Kikka, ki-yeol yoon, 宮崎一誠

    #6 2012-11-03 23:17:25

    キム
    Member
    登録日: 2011-11-13
    投稿: 245
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: DAK MG機関銃チーム

    今回は改造箇所が分かりやすく、材質で色が違っている状態のフィギュアの指揮官をご紹介致します。

    改造のベースキットになったのは、タミヤ戦車兵になります。
    基本キットはダークイエローで成形されている箇所になります。(帽子、身体の基本部分)
    ヘッドはオリジナルで、口を開け歯をパテで制作。目線も横を振り返っている先を彷彿させる様に意識しています。
    脚は片足を一段高い位置で踏ん張るように、最中状態のキットにレジンを流し込んで真鍮棒を仕込んでポーズの変更。
    その際、上着の裾がめくり上がる為、弾薬運搬兵と同様に、裏から薄肉にし濃度の恋接着剤を何回か塗り付け、プラ材を軟化させ、ポーズに押し付け接着しています。
    ブーツはキットをそのまま使っていも良いのですが、足首を曲げたり、他のキットにも使いたかったので、レジンの複製にあえて付け替え、若干のポーズを変え、微妙な変化を付けることで、3体のフィギュアのポーズに人間くささを出すことを行いました。
    装備品の身体へのフィット感は、骨格を侵さないで、肉や皮膚の厚み、装備品の素材と重量を意識し(出来るだけ)、会わせ込んでいます。

    IMG_1421.jpgIMG_1422.jpg

    次回は、装備品と地面、、、全体(出来れば)をご紹介致します。

    オフライン

    7 人が「いいね!」と言っています。:REV3, S.Kikka, Kazufumi, Guest, kinnta, ki-yeol yoon, 宮崎一誠

    #7 2012-11-05 22:23:11

    キム
    Member
    登録日: 2011-11-13
    投稿: 245
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: DAK MG機関銃チーム

    フィギュアの工作の他に、周辺の小物を作りました。

    まず機関銃手は、上着を脱いでいる状態で作りましたので、どこかに上着をレイアウトしなければなりません。
    もちろんその際には、個人装備も無いと不自然になりますね。

    服は人物に近いところに無いのは不自然になりますので、斜め後ろの岩場におくことにしました。
    今回のスケールではかなりボリュームもありますが、襟やポケットなどスケールが大きくても作り込まねばならず、やはりここはエポパテによる作りを選びました。かなり多く練り込んでから、岩に張り付け一度硬化させます。そしてその後細かいディティールを作って行きます。
    なれないときは、似た様な作りの上着を、それらしくおいて、見ながら作るとイメージしやすいと思います。
    ストラップやベルト類はプラペーパー、銅板(¥100ショップの害虫よけ)を使いました。
    ガスマスクケースやスコップ、MG整備道具入れ、等は、キットの物を削ったり、プラ板でディティールの追加を行っています。
    IMG_2056.jpg
    IMG_2068.jpg

    MG42に装填される弾帯を入れたレジン製の複製されたケースを並べ、取手の部分を銅線で作り直し、それぞれのケースの表情付けを行いました。
    ケースの一つを開いて弾帯をMGに装填しているように繋げ、セットされた状況にしています。
    弾帯はレジンで複製。湯が回らず欠損しているところを繕いつなげています。
    重量感やジョイントで繋がった感じは、接地した後で、ドライヤーを当てながら癖を付けています。こんなことはレジン製だと簡単にできるところは良かったです。
    IMG_2069.jpg

    フィギュアの塗装は、スケールがさすがに大きく、塗りやしかったです。
    その分、地面とのフィッティングや、色のなじみ感に1/35より気を使って進めて行きました。
    IMG_2065.jpgIMG_2066.jpgIMG_2067.jpg

    次回は、ベースへのセッティングと仕上げです。

    編集者 キム (2012-11-05 22:40:21)

    オフライン

    9 人が「いいね!」と言っています。:Kazufumi, S.Kikka, Guest, HIKARU, kinnta, Dora, ツカサ, ki-yeol yoon, 宮崎一誠

    #8 2012-11-05 22:40:04

    Kazufumi
    Administrator
    From: 沖縄
    登録日: 2011-05-13
    投稿: 2,160
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: DAK MG機関銃チーム

    フィギュアの造形もさることながら岩と砂の表現とそれに馴染んだフィギュアや小物類の感じがいいです。私もこのスケールでのMG42チームをいつか作ってみたくなりました。

    砂は何を使ってますか?


    "Real artists ship. " --Steve Jobs
    "The art challenges the technology, and the technology inspires the art. " --John Lasseter
    活動サイト:planetFigure, Putty & Paint

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #9 2012-11-06 00:44:34

    キム
    Member
    登録日: 2011-11-13
    投稿: 245
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: DAK MG機関銃チーム

    Kazufumi様

    砂は、、、、実は本物です。 会社の上司がアフリカ(エジプトピラミッド)に行った時、エビアンのペットボトルでお土産としてもらいました。
    実物は少し荒めの物ですが、篩にかけ少し細かい物を使っています。
    エジプトの砂は、岩が風化して出来た物らしく、角の取れた小石的な感じで、少し透けて綺麗な物です。
    塗装をしてしまうため、本来の感じが失われてしまうのは残念ですが、そこそこイメージが合うようであれば、塗装もあっさり賭するのも、いつかしてみたいところです。

    オフライン

    3 人が「いいね!」と言っています。:Guest, kinnta, Kazufumi

    #10 2012-11-09 22:58:03

    キム
    Member
    登録日: 2011-11-13
    投稿: 245
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: DAK MG機関銃チーム

    今回は最後の仕上げと、最終完成になります。

    IMG_2063.jpgIMG_2061.jpgIMG_2053.jpgIMG_2052.jpg

    人物の関わりを意識して、指揮官と弾薬運搬兵とは目線を会わせています。「早く準備しろ!」ってね。
    指揮官の武装は、シュマイザーにしています。緊迫した状況ではないので、姿勢を高くして視線を先まで見える状況にしています。
    そのため、ヘルメットは被らせていません。

    IMG_2062.jpg

    お約束の脇役です。 ちょっと目立つように黄色にして見ました。
    ちょっと大きかったかも。

    IMG_2051.jpgIMG_2050.jpgIMG_2049.jpg

    完成です。

    全体像になります。裏側も見れるように、前周ビネットとしました。
    今回初めて1/16の偶像ビネットに挑戦してみました。
    3体だけでも1/35の車両を含める物とそんなに変わらず楽しめました。
    フィギュアはこのスケールになると、ごまかしがかえって出来ないのは、なれないと辛くなるときもありました。
    キットを作るのとは違い、スクラッチからの工作は、かなりやりがいがあります。

    皆様も挑戦してみては如何でしょうか?

    なおこの作品は、タミヤ新橋に飾らして頂いています。(2012.11現在)
    同ショップにお越しの際には、見て頂けると嬉しいです。

    オフライン

    9 人が「いいね!」と言っています。:Kazufumi, Guest, kinnta, ツカサ, urasof, HIKARU, ki-yeol yoon, Dora, 宮崎一誠

    Board footer