JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #1 2012-03-23 00:11:41

    dickermax
    Member
    登録日: 2011-05-16
    投稿: 262
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    VK70.01ライオン製作記録

    1_20120322-0910.jpgPROLOGUE

    VK70.01ローヴェ(ライオン)
    1941年11月1日、70トン級超重戦車VK70.01に関する基本要求がまとめられた。
    車体前面140ミリ、側面100ミリと当時の常識を破る重装甲が要求されていた。
    にもかかわらず要求された最大速度は43,6㎞/hと中戦車以上のものだった。

    この要求をクリアするため、エンジンには魚雷艇に用いられていたダイムラーベンツ製の
    1.000hpが採用され、全周旋回式の砲塔に搭載される武装は未定とされた。

    1942年1月21日にクルップ社は射程1.000mで30度の傾斜角を備える160ミリ厚装甲板を
    貫通可能な70口径の10.5㎝砲を砲塔に装備する基本案をまとめ上げて兵器局第6課へ提出した。
    これを受けた第6課は生産は1943年1月から行うことが予定された。

    1942年2月に兵器局第6課は、東部戦線の戦況激化を背景としてティーガーの機関系を流用し
    装甲厚も前面100ミリ、側面80ミリに計画を改めた72トン級戦車として 早急に2輛の製作を命じた。
    これは試作車ではなく先行生産車として生産されることとされ、これに従って
    クルップ社は2輛の生産を開始した。
    このうち1輛は砲塔未装備の状態で完成させる事が予定され、1942年4月に名称は試作車を示す
    Vk70.01からローヴェ(ライオン)戦車に改められた。

    しかし、ヒトラーはより大型で大重量の超重戦車を望んでおり、これを受けて
    1942年7月20日付けで兵器局第6課はクルップ社に対し製作の中止を命じた。
                                *グランドパワーより抜粋

    こんなところがこの戦車の開発背景です。
    模型としては唯一ニューコネクションモデルからレジンキットとして発売されていましたが
    このところ同社は活動休止中で市場でも目にしません。
    まぁ、値段も3万以上して手が出ませんが・・・
    今持ってる人もインジェクション化されるまではお宝になるかも?

    そんな訳?で何故か急にこの百獣の王と言われるライオンとネーミングされた戦車を自作する
    事にしたのは、気分の落ち込みを奮い立たせる為にかは定かではありません。。。

    資料としては1982年に発行されたPODZUNのWAFFEN-ARSENALに掲載された
    透視図の側面図です。これはちゃんと寸法まで記入されていて、もしかすると
    公式の図面かもしれません。
    この本を入手当時から、 VK70.01は気にはなっていたのですがさすがに側面図1枚では・・・
    砲塔も丸くて、なんかいかにもタンクみたいなイメージで今1つでした。
    しかし、2001年に発売されたPANZER TRACTS No.20-1には3面図が掲載されて
    (側面図はWAFFEN-ARSENALと完全に一致)これは細部は何も描かれていなくて
    イメージ図ですが製作の動機付けには十分でした。

    あとは2003年発売のtrojcaの図面集で(これには何とIX、X戦車の4面図が載っている)
    この本の図面はパントラと違い、機関室上面などもそれらしく描かれている点。
    こんなところが基本資料です。
    いつものように少ない資料ですが、その方がイメージが膨らんで面白いです。
    さて、今回は塗装までもっていけるかいなか・・・

    オフライン

    5 人が「いいね!」と言っています。:REV3, Kazufumi, Guest, エインセル, リベット

    #2 2012-03-23 01:20:06

    dickermax
    Member
    登録日: 2011-05-16
    投稿: 262
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: VK70.01ライオン製作記録

    2_20120322-1019.jpg
    ニューコネクションのキット画像が入手できたので検証してみた。
    このキットは2005年7月発売だけど、先の資料をあまり参考にしていない(見てはいるだろうけど)
    ようで、ニューコネのオリジナル解釈のキットと言っていいかな。
    と言っても全体の骨格は基本図面とほぼ同じといった感じ。もっとも実物を計った訳では無いけど・・・

    機関室上面、砲塔上面￿￿ディテールも、どの図面とも一致しないオリジナル。
    メインホイルはタイガーのゴム付きの物に類似している。履帯はフリウルのキングタイガーの物が
    付くようだ。

    オフライン

    4 人が「いいね!」と言っています。:Guest, E.danke, Kazufumi, リベット

    #3 2012-03-23 22:36:45

    dickermax
    Member
    登録日: 2011-05-16
    投稿: 262
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: VK70.01ライオン製作記録

    3_20120323-0735.jpg
    先ず今回の製作は面倒な(自分でそうしたとの感もあるけど)足回りから着手した。
    パントラの図面を見ると起動輪は18枚歯のキングタイガー系列の物を装着しています。
    これに伴い、履帯はヤクトタイガー(ポルシェタイプの足回り)か
    キングタイガー(ポルシェ砲塔)のボービントンに展示されている車輛が履いている
    より後期のKgs73/800/152と言うタイプが考えられます。

    図面を見るとセンターガイドが1枚おきなので、ヤクトタイガー(ポルシェタイプの足回り)
    の履帯に決定しました。
    開発時期から、後期のキングタイガー系の足回りはどうなの?とは思いますが
    この車輛に開発された履帯が後にも使われた、とも言えるので。
    それに他の履帯も思い付かないし、パントラを監修している大家イェンツ、ドイル氏に
    抵抗する材料もないですし・・・

    で、模型の方はフリウルのメタルを使うのがベストです。
    が、今回は実験としてDMLの初版ヤクトタイガー(ポルシェタイプ)の履帯を使う事に。
    当方、このキットを3個も所有(¥2000のセール品)しているので・・・
    この履帯、2コマでパーツ5個と言うのはドイツ戦車ではもっとも大い部品数。
    モールドは悪くなく、押し出しピンも裏に薄い凸なので整形も楽。

    が、ポルシェタイプの履帯はセンターガイドが片側削られている(懸架装置に干渉する?)ので
    センターガイドのある部品はキングタイガーの物を使用(こちらも積みはかなりあるので)。

    実験と言うのは、懸案だったインジェクションでは再現できないモールドの再現というもの。
    写真を見てもらえば判ると思うけど前側と言うのかな?実物の様な込みッいった
    モールドを彫ってみた。
    まぁ、一言で言うのは簡単だけど実際は1パーツ両側だからかなり・・・

    片側はランナーに付いている段階でモーターツールで大まかに彫る。
    こう言ったらミもフタも無いけど、ほとんど見えない(しかしやらないとでは密度が違う)から
    それ程正確/精密にやらなくてもいい。
    まぁ、まったくの自己満ですね。。。

    オフライン

    9 人が「いいね!」と言っています。:すこっつ, kinnta, Guest, 宮崎一誠, E.danke, koba, ショルダーあ~むず, Kazufumi, リベット

    #4 2012-03-25 00:19:33

    dickermax
    Member
    登録日: 2011-05-16
    投稿: 262
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: VK70.01ライオン製作記録

    4_20120324-0918.jpg
    厄介な履帯が終わったところで・・・
    更に面倒なメインホイルの製作。実物のライオンがどんなホイルを装着していたかは
    諸説あるみたいだけど、一番無難なのはキングタイガーの鋼製のホイル。
    私も当初は迷う事なくそれで行こうとしていたんだけど・・・
    パントラの図面だと、すこし違うかんじの物が描かれていて、差別化を計る意味でも
    そちらの方が面白い、と言う事で苦労してみた。

    中心軸から1枚の円盤が6角ボルトで付けられていて、その外周はたぶんキングタイガー系の
    ホイルと同じ様にゴムが内臓された輪がある・・・と想像した。

    製作の方はレジンで量産も考えたけど、ボルトの気泡が厄介そうなので1個1個作ってみた。
    先ずDMLのキングタイガー、これは初版の物より最近(と言っても2004年発売だが)出た
    アルディンヌバージョンの物の方が出来は良い。
    値段を見ると¥3192で思わず安い!と。今や戦車も¥5000台でしかも軽戦車までも。
    こうなるとまぁ気楽には買えないわな。しかも積むんだし。

    少なくとも値段が安ければ取りあえずは買うだろうし、マニアなら2個は購入するだろう。
    売れなくて店の在庫になるよりはあたりまえだけど売れた方が良いと思うけどねぇ。
    「損して得取れ」ってまさにそれだよね。まぁ、勝手な言い分か。。。

    脱線してしまった。
    DMLのホイルの軸を残して周囲の邪魔なモールドを削り取るんだけど、これが大変。
    当初、卓上ドリルをアームから外して、簡易旋盤でやったみたんだけど
    DMLのプラは柔らかいので粘りがあり、削り込み時、ささくれて具合がよくない。
    結局平ノミで丹念に削り取るしかなかった。

    ま、履帯もそうだけど一度にやろうとすると気が狂うから、毎日5個とか少しずつ作業するのが良。
    円盤はデパイダーで切り出す。

    オフライン

    5 人が「いいね!」と言っています。:Guest, ショルダーあ~むず, kinnta, ki-yeol yoon, リベット

    #5 2012-03-25 01:08:39

    dickermax
    Member
    登録日: 2011-05-16
    投稿: 262
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: VK70.01ライオン製作記録

    5_20120324-1007.jpg
    6角ボルトを接着して完成。ボルト数は400個以上!
    6角ボルトパンチ&ダイは数年前に上野のイエローサブマリンで購入したたしかスペイン製。
    6角ボルト製作の手としてはプラストラクツの6角棒をスライスして接着か
    精密を要求するのならアドラーネクストの真鍮製のカスタムパーツを使うか。こちらはコストがかかるが。

    今の所パンチ&ダイがベスト。プラ板打ち抜きだから頭がそろうし。
    入手できない方はハンズ等で購入できる(¥100ショップにもあり)6角レンチをカットして
    やや硬いゴム板にプラ板を打ち抜けば不良品は大いいけど作れる。

    やる気があれば自作パンチ&ダイもできる。
    6角の孔を開けるのは素人には無理なので、レンチを立ててレジンか何かを流し込んで
    6角孔の開いた板を作ればなんとかなるだろうか。

    オフライン

    9 人が「いいね!」と言っています。:REV3, Guest, ショルダーあ~むず, Kazufumi, koba, kinnta, E.danke, ki-yeol yoon, リベット

    #6 2012-03-25 01:43:46

    REV3
    Member
    From: 福岡県古賀市
    登録日: 2012-03-11
    投稿: 931
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: VK70.01ライオン製作記録

    6角ボルトパンチ&ダイ

    所有されているのですね。まことにもって羨ましい。

    なんとも法外な価格でしたね。
    意地でも買ってやるもんかと思いましたよ。
    (w


    必要は発明の母、そして愛は心の仕事!

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #7 2012-03-26 02:14:29

    dickermax
    Member
    登録日: 2011-05-16
    投稿: 262
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: VK70.01ライオン製作記録

    >>REV3さん
    >>なんとも法外な価格・・・
    たしかに高いですが一生物と考えれば安いもんですよ。
    型があればいくらでも作れる模型が1マン近い値段の方が狂ってますよ・・・

    >>ショルダーあーむずさん
    >>レーヴェは、是非コレクションに・・・
    そうですよね。ドイツらしからぬデザインは非常に興味深いです。
    図面を見てると今ひとつなんですが、段々立体になってくるとこれはある種、未来の戦車の様な・・・
    なる程ドイツのヘルムの様な・・・とらえどころの難しい砲塔に今苦戦しています。。。

    >>dickermaxブランド・・・
    いやぁ、これこそトラペあたりが出すでしょう。
    2chにホビーボスが出すみたいな事が書いてありましたがどうなんですかね?

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #8 2012-03-26 23:43:18

    dickermax
    Member
    登録日: 2011-05-16
    投稿: 262
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: VK70.01ライオン製作記録

    6_20120326-0842.jpgいよいよ車体側の製作へ。
    先ず車体下部から。プラ板を削りだす。補強板をしっかり組み込んで箱組み。
    この時、左右の位置はずれたり歪まないように細心の注意を払う事。
    今回、0.5ミリ程ずれてしまい、それが後々まで響いてしまった。。。
    0.5ミリとたかを潜るべからずで、そのズレが段々と大きなズレになっていくんだよね。

    オフライン

    3 人が「いいね!」と言っています。:Guest, kinnta, リベット

    #9 2012-03-27 00:15:56

    dickermax
    Member
    登録日: 2011-05-16
    投稿: 262
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: VK70.01ライオン製作記録

    7_20120326-0914.jpg車体上部。
    上部側面は当初と言うか普通今までのドイツ戦車の常識から、1枚板で構成される、と勝手に
    思い込んでしまい製作。
    あれ、車体後面板と角度があわない・・・また図面のミス? と、思いきや自分の図面の「読み」が悪いのでした。。。

    俯瞰図をよく見ると側面中間あたりで前部と後部の取り付け角度が違っている!
    実際の生産だったらどうなんでせうか?そんな効率の悪そうな事はしないと思われ・・・
    まぁ、模型としては変化があって面白いんだけどね。
    ニューコネなんかは1枚板で構成してるようで、これはあくまで生産されたら、を意識したのかな?
    トロイカの図面も1枚板構成です。

    オフライン

    6 人が「いいね!」と言っています。:Kazufumi, Guest, E.danke, 俊兄, ki-yeol yoon, kinnta

    #10 2012-03-28 00:37:36

    dickermax
    Member
    登録日: 2011-05-16
    投稿: 262
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: VK70.01ライオン製作記録

    ZZZ_20120327-0936.jpg先のホビーショーに参考出品されていたタミヤの1/16ドイツ将校の全体像の写真がキヤホビーHPにアップされて
    いましたので報告します。
    前々回のドイツ将校の出来が「う〜ん」だけに、今回もあまり期待はしていませんでした。
    が、写真を見るかぎり、今回は中々良い出来じゃないですか?
    原型士が違う人のようですね。前の原型士も1/35の将校セットではまぁ、不満もあるけど
    そこそこだったんですがねぇ。顔がスラブ人種なのはちょっとですが・・・

    ちょっと、これが発売になったらこちらに浮気しそう。。。

    追記
    私、他の皆様方のトピックになかなかレス出来ない状態です。
    なにせ、私のPCだと他の方々の画像と文章が見れないんです。でも見れるのもあるんです。
    たぶん見れるのはその方のOSとの相性みたいです。
    「いいね」機能もできたりできなかったりと・・・

    そんな訳で中々レスできなくて申し訳ありません。

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    Board footer