JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #1 2014-06-30 00:55:53

    S.Kikka
    Member
    From: 愛知県
    登録日: 2012-02-22
    投稿: 207
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    WW2 ドイツ 武装親衛隊「トーテンコップ」擲弾兵 (Alpine-Miniatures,1/16)

    アルパインの1/16レジンフィギュアを、個人様からご依頼を頂き製作しました。投稿の許可を頂いたので、こちらでも紹介させて頂きます。

    迷彩は苦手意識があり、当フォーラムでも紹介したことがありませんでしたが、今回の挑戦で自分なりの及第点に達したのではないかと思います。
    スモックの迷彩はポケットがついてない前期型にみられた「しゅろの樹」迷彩ですね。これは他の迷彩に比べより複雑なので敬遠しておりましたが、ご依頼という形ですとやたら気合いが入り、挑戦するよいきっかけとなりました。いやはや、まったく有難い限り(笑

    結果としましては、迷彩の「再現」にはまだまだ不足がありますが、実物の写真は見ていてもなんだかよくわからないパターンをしているので(身も蓋もない)、騙し騙しといってはなんですが「らしさ」はどうにか引き出せたのではないかなと思います。ただ、肉眼だと気にならなかったのですが、拡大して見ると模様がちょっとオーバースケール?

    他の迷彩の悩みとしては、自分の方法ではハイライトを描き込むと写真の場合に限って「テカり」があるように見えることが挙げられます。小さいほと顕著ですね。こればっかりは割り切っていいかなと諦めモード(笑

    塗料はいつものタミヤエナメルです。

    mini_a1_20140629-0931.jpgmini_a2_20140629-0931.jpg

    mini_a4_20140629-0931.jpgmini_a5_20140629-0931.jpg

    mini_a6_20140629-0931.jpgmini_a8_20140629-0931.jpg

    mini_a9_20140629-0932.jpgmini_a10_20140629-0932.jpgmini_a11.jpg

    オフライン

    17 人が「いいね!」と言っています。:たーさん, すこっつ, Guest, Kazufumi, Silurian, gaoo, マック, 才谷社中, パッヘルベル, 頑固者1967, demobird, REV3, ふぁっとまん, エインセル, 宮崎一誠, ki-yeol yoon, 岩野 歩 (いわのふ)

    #2 2014-07-01 11:56:25

    すこっつ
    Member
    From: Kobe,Japan
    登録日: 2011-05-17
    投稿: 718
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: WW2 ドイツ 武装親衛隊「トーテンコップ」擲弾兵 (Alpine-Miniatures,1/16)

    よく塗れていると思いますよ~。
    迷彩は、実物通りに塗ると結構破綻することが多いと思うのです。
    要するにある程度省略したり色味のバランスを取りながら塗る必要があるわけですが、その点この作品は非常に良くできていると思います。


    すこっつ ぐれい@箱庭作師
    http://www.eonet.ne.jp/~yoitenki/

    オフライン

    1人が「いいね!」と言っています。:Guest

    #3 2014-07-01 22:58:40

    S.Kikka
    Member
    From: 愛知県
    登録日: 2012-02-22
    投稿: 207
    ウェブサイト
    マイトピック
    投稿を見る

    Re: WW2 ドイツ 武装親衛隊「トーテンコップ」擲弾兵 (Alpine-Miniatures,1/16)

    >すこっつさん

    コメントありがとうございます。

    AFV等のスケールモデルではとかく本物の追及をされがちである印象がありますが、自分は雛形は雛形であるからこそ魅力的だと感じていますから、実際のところそこまで「本物」にこだわってるつもりはありませんでした。
    なので、ある程度の簡易化や色調の変更はフィギュア映えさせるために抵抗はありませんね。今回は本物の特徴は取り入れつつ、フィギュアとしてバランスよく仕上げることを優先に意識しました。
    ただ、カルビン・タン氏のように迷彩が絶妙なペインターの作品を見ておりますと、信じられないくらい迷彩パターンの解析度が高いんですよね。なんでこんな描けるのと(笑
    1/35では迷彩を簡易化したものがよく見られますが、それで明らかに不自然かというと全然そんなこと無い場合も少なくありません。しかし絶妙に描き込まれた迷彩を見てしまうとついつい真似出来ないかと思ってしまうのもまた事実なので、解析度については改善してみたいという魂胆ありありです(笑

    オフライン

    2 人が「いいね!」と言っています。:すこっつ, Guest

    Board footer