JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #1 Re: 情報交換フォーラム » 模型工作の小ネタ・小技 » 2017-10-18 10:32:29

    hiranuma

    ◉ テールランプの工作

    これまでテールランプの赤はBMW R75やDKW NZ350などの場合でも白いプラ棒を削って
    そのサイズにしたものに赤を塗って嵌め込んでいましたがどうも赤すぎるので違う作り方を考えて見ました。

    ダイハツ・ミゼットの工作でテールランプのディテールアップのためにライト箇所をくり抜いて
    透明部品のランナーを削ってパーツを作りました。
    その際に赤く塗る箇所裏側にしたら、あらあら!うまくいきました!(当たり前だと知っていた方も多いかもしれません)。

    これは試しに透明プラの上に赤を塗ったもの(L,Rと書いてあるものはここでは意味がありません)

    mini_PA072526.jpg

    ひっくり返して見たところ
    透けた感じがいいと思いませんか

    mini_PA072527.jpg

    部品に塗ったもの

    mini_PA072528.jpg

    その裏側(小さなものに端を黄色く塗ったものはライトの電球です、これも前から見ると黄色く見えます)

    mini_PA072529.jpg

    ミゼットにつけて出来上がったもの

    mini_fullsizeoutput_11d8.jpeg

    ワインボトルなどを薄い塗料で塗って表現する方法がありますので
    今回のテールランプもそのように薄く表面に塗ることでも結果は出るかもしれませんが
    透明な透け感がいいような気がしています。

    これを応用すれば黄燈のウインカーなども綺麗にできるかもしれません。
    ただし着色した箇所の直線方向に色合いが見えるので浮き出たモールドの部品の場合は
    裏側と側面にも着色する必要があるでしょう。
    接着が問題になりますが12月にタミヤから発売になる「メイクアップ材 No.188 タミヤ 多用途接着剤 クリヤー」が
    使えるかもしれません。

    #2 Re: リアルスケールモデル、シヴィリアン(民間人)、ファンタジー、他 » 1/32 ダイハツ・ミゼットを使った情景 » 2017-10-18 09:59:08

    hiranuma

    picotang さん

    コメントありがとうございます。
    昭和39年で少年は10歳という設定にしてみました。
    少年の日記には、釣りに来て大漁だったのですが冷えたスイカの美味しさが印象に残る思い出と書かれている、、。
    桶に氷を盛ったスイカを積んで釣りに来るか?の疑問はあるものの、美味しいスイカは冷えていないと。
    レジンを入れて固まりかけているところへ透明プラ棒を刻んだものを入れてあります。
    バケツの魚も同様です。
    新聞も厳密ではありませんがその近辺のものを探して縮小コピーしました。
    街灯も調べたのですがイマイチ情報が少なくてモダン過ぎずレトロでもないものにしました。
    係留ビットも様々ありどうしようか考えて鉄のリングにしました。
    擦り切れたロープを付けたかったのですが適当なものが無く断念しました。


    くりくり さん

    コメントありがとうございます。
    いつもの例で作りこみをしたので壊れる箇所が多発、部品も飛んでなくなるし。
    ライトガードやドアハンドル、ドアモール、ミラー、ワイパーなどの銀メッキの箇所は塗装に失敗し後から銀で塗装しました。
    最初からエアブラシで銀塗装すればもっとメタリックになったかと反省。
    実はwaveの「こすって銀Sun」を使ったのですが小さな箇所でもありスチールブラック的になってしまいました。
    銃器ならとてもいい感じだったと用途を変える方がいいと思います。

    ドアパネルと荷台パネルの作り直しは手間がかかりましたが結果を出せたかなと思っています。

    フロントのウィンカーを透明パーツのランナーを削って作りましたが裏側の中央にドリルで刻みました。
    よーく見ないと分かりませんが実物のレンズパターンに近づけました。
    リアのテールランプは別のトピックに投稿しますが成功したと自己満足しています。

    #3 Re: リアルスケールモデル、シヴィリアン(民間人)、ファンタジー、他 » 1/32 ダイハツ・ミゼットを使った情景 » 2017-10-16 23:45:38

    hiranuma

    完成しました。

    途中で何度もクラッシュ(文字どうり崩壊寸前)したり例により部品が飛んで消え、ストックしていたものが無くなり。
    でしたが、なんとか出来上がりました。
    反省すべきことは多いのですが得ることも多く楽しい製作でした。

    作品名:夏の日の思い出 スイカ


    mini_fullsizeoutput_11b6.jpegmini_PA162550.jpgmini_PA162547.jpgmini_fullsizeoutput_11b7.jpegmini_fullsizeoutput_11b8.jpegmini_fullsizeoutput_11b9.jpegmini_fullsizeoutput_11ba.jpegmini_fullsizeoutput_11bb.jpegmini_fullsizeoutput_11bd.jpegmini_fullsizeoutput_11ca.jpegmini_fullsizeoutput_11cc.jpegmini_fullsizeoutput_11c2.jpegmini_fullsizeoutput_11ce.jpegmini_fullsizeoutput_11cd.jpegmini_fullsizeoutput_11d6.jpegmini_fullsizeoutput_11e2.jpegmini_fullsizeoutput_11e1.jpegmini_fullsizeoutput_11e5.jpegmini_fullsizeoutput_11c8.jpegmini_fullsizeoutput_11c6.jpeg

    #4 Re: リアルスケールモデル、シヴィリアン(民間人)、ファンタジー、他 » 1/32 ダイハツ・ミゼットを使った情景 » 2017-10-06 13:18:45

    hiranuma

    塗装を前に、考えながら組み立てをしています。
    予定では9月中に工作を終了しているつもりだったのですが、いつものパターンに近づいています。

    キャビン内部の部品を点検して接着しているとのっぺらなシートが気になりはじめて
    我慢ができずに追加工作。

    シートのラインをナイフで削り(下手くそですが使い古しのシートなのでよれているからいいか)
    エッジのラインを伸ばしランナーで囲いました。

    mini_PA062524.jpg



    この作品は15日の日曜日にたまプラーザで行われる「ろうがんず杯」に出品します(重大なトラブルが無ければ)。
    来場される方がいましたら、声をかけてくださるとうれしいです。


    あと一両日で工作とセッテイングを終え一週間かけて塗装するつもりです。

    #5 Re: リアルスケールモデル、シヴィリアン(民間人)、ファンタジー、他 » 1/32 ダイハツ・ミゼットを使った情景 » 2017-10-03 20:23:09

    hiranuma

    ダイハツ・ミゼットの工作の続き


    荷台の加工

    1mm角棒を段落ちツールで削り逆L字にして削り落とした荷台のパネルの上の部分を作ります

    mini_P9102415.jpg
    mini_P9102416_20171002-0740.jpgmini_P9102417.jpgmini_P9102418.jpgmini_P9102419.jpgmini_P9102420.jpgmini_P9102421.jpg

    0.3mmプラ板を細くカットして荷台の裏側の補強の縦ラインを作ります

    mini_P9112422.jpg

    出来上がり
    このために荷台をカットしたので組み上がるといい感じ

    mini_P9112423.jpgmini_P9112424.jpgmini_P9112425.jpgmini_P9112426.jpgmini_P9112427.jpgmini_P9122428.jpgmini_P9122429.jpgmini_P9122431.jpgmini_P9122432.jpgmini_P9122433.jpgmini_P9122434.jpgmini_P9122435.jpgmini_P9122436.jpg


    ハンドル基部の追加工作
    見ていてウインカーの基部の造形があるので再現します

    mini_P9202438.jpgmini_P9202439.jpgmini_P9222450.jpgmini_P9222451.jpgmini_P9222452.jpg


    ドアの加工

    切り取ったドアパネルを再度セッテイングする際は車体から浮く感じになるので
    削り取った車体の内側にプラ板の細切りを貼り隙間を埋めます
    ドアの外周もプラ板の細切りを接着してサイズアップします

    mini_P9202440.jpgmini_P9202441.jpg

    そのままだと装甲板のようなのでドアの内側を削って薄くします

    mini_P9202442.jpg

    そこに0.2mmプラ板を合わせて内張を作ります

    mini_P9212443.jpgmini_P9212444.jpgmini_P9212445.jpgmini_P9212446.jpg

    厚い部分に0.3mmのブラ板を加工して重ねます

    mini_P9222447.jpgmini_P9222448.jpgmini_P9222449.jpg

    パチンコです

    mini_P9232454.jpg

    少年の後ろポケットに

    mini_P9232455.jpg

    ダッシュボードのメーターパネルの形が気になり
    削り落として新たに作り直しました

    mini_P9232456.jpg


    ドアの工作の続き

    三角窓のディテール
    枠を作り直して元の枠は削り落とします

    mini_P9232457.jpgmini_P9232458.jpgmini_P9232463.jpgmini_P9232464.jpg

    この部分の取り扱いをどうするか悩んでいます
    工作と塗装の関係で手順が入り込んでしまうため
    三角窓をFIXでいくのか開けるのか!?
    大きな窓は暑いので下げておくため問題は無し
    三角窓どうする!!?


    ドアパネルが概ねできたので車体にセットしてみたらぴったり
    このくらい浮いているのが正解

    mini_P9242465.jpgmini_P9242466.jpg

    三角窓にガラスを嵌めるために伸ばしランナーで枠を作ります
    一辺ごとに接着してOK

    mini_P9242467.jpgmini_P9242468.jpgmini_P9242469.jpgmini_P9252470.jpg

    0.2mm透明プラ板を加工してセット


    フロントガラスも0.2mm透明プラ板で
    キット部品よりずっとクリアーでいい感じ

    mini_P9252471.jpgmini_P9252472.jpgmini_P9252473.jpgmini_P9252474.jpgmini_P9252475.jpgmini_P9252476.jpg


    リアのガラスも段削りして透明プラ板を填めてみて

    mini_P9252477.jpgmini_P9252478.jpg

    ドアのディテール
    ドアハンドルとサイドモールを削り落として作り直します

    mini_P9262479.jpg

    内側も開閉ハンドルとガラス昇降つまみを

    mini_P9262480.jpg

    ドアのヒンジ部品を工作してフィッテイング

    mini_P9262481.jpgmini_P9262482.jpg

    三角窓のヒンジと開放したときのスイングも
    ドアヒンジの加工もあわせて

    mini_P9272483.jpgmini_P9272484.jpgmini_P9292485.jpgmini_P9292486.jpgmini_P9292487.jpgmini_P9292488.jpgmini_P9292489.jpg

    フロントバンパー

    mini_P9302490.jpg


    荷台のフック
    ちまちました工作ですが形に気をつけて工作したものを

    mini_PA012491.jpg

    接着してみたら

    mini_PA012492.jpgmini_PA012493.jpgmini_PA012494.jpgmini_PA012495.jpgmini_PA012496.jpgmini_PA012497.jpg

    いい感じ


    ライトの中身を接着

    mini_PA022498.jpgmini_PA022499.jpg

    ガードのセッテイングを確認してヤスリがけ
    バンパー基部のゴム部分を工作


    セットしていく部品

    mini_PA022500.jpg

    もっとあります

    mini_PA022501.jpg

    マスキング
    キャビン後部パネルの下の茶色いのは吸気ダクトとおぼしき配管カバー

    mini_PA032502.jpgmini_PA032503.jpgmini_PA032504.jpg

    サイドミラーのセッティング

    ドアのヒンジを接着

    mini_PA032505.jpgmini_PA032507.jpgmini_PA032506.jpgmini_PA032508.jpgmini_PA032509.jpg

    三角窓の工作
    枠の部分と三角の部分それぞれにエッジを接着して
    ヒンジを各2箇所接着します
    スイング式の開閉器を付けて出来上がり

    mini_PA032510.jpgmini_PA032511.jpgmini_PA032512.jpgmini_PA032514.jpgmini_PA032515.jpgmini_PA032516.jpgmini_PA032517.jpgmini_PA032518.jpgmini_PA032519.jpg

    (塗装後にマスキングテープを剥がすのが怖い)

    #6 Re: リアルスケールモデル、シヴィリアン(民間人)、ファンタジー、他 » 1/32 ダイハツ・ミゼットを使った情景 » 2017-09-09 20:37:46

    hiranuma

    舞台の製作です。


    イメージをまとめるために、こんな感じか

    mini_P9042395.jpg


    プラ板でベースを作り


    mini_P9072396.jpg


    感じの確認


    mini_P9072397.jpg


    座る場所になる防潮!?壁を

    mini_P9072398.jpg

    単純すぎるのでブロックを並べてみて

    mini_P9072399.jpg

    お父さんの足置きになりました

    mini_P9072400.jpg


    道路が真っ平らでは何か変なので

    mini_P9072401.jpgmini_P9072402.jpg

    アスファルトの盛り上がりを

    mini_P9072403.jpg


    まだ情報量が不足している感じなので

    mini_P9092414.jpg


    街灯を作ってみました
    昭和の街灯はどんな形かいろいろ見て
    シンプルな形にしました。

    mini_P9092405_20170909-0429.jpg


    海か? 河か? 海に近い河、、

    コンクリートは雨風日照で痛んでいるはずでキザギザ、ガタガタです、
    デバイダーの先で点描のように傷をつけて、接着剤を塗って指で伸ばしてから乾いたところを荒いペーパーを掛けてみました。
    前に使ったパステルがペーパーに付いていたので汚くなりましたが雰囲気の予行演習的になりました。
    座っているところのコンクリートに繋ぎ目を入れました。

    mini_P9092407.jpgmini_P9092408.jpgmini_P9092410.jpgmini_P9092411.jpgmini_P9092412.jpgmini_P9092413.jpg


    まだ情報量が不足していると思うので、何か追加してみたいところです。

    #7 Re: 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » TAMIYA 1/35 4号戦車D型 » 2017-09-02 10:33:52

    hiranuma

    urasof さん

    コメントありがとうございますありがとうございます。
    上田暁氏のことはじめて知りました。
    昔から私と同じように酔狂な人がいたのですね。

    油粘土は好きですが使いませんFRPなど高度なものは扱えません。
    もし、やるならプラ板を加工して作るのですがケッテンクラートやM3GRANTでやることが多いので
    今回はやめておきます。
    代替になるか検討するためにタミヤのH型を買ってしまいました。


    REV3 さん

    パンドラの箱ですか、、、
    そうかもしれません、なまじ知らない者の無謀さで一歩踏み込んでしまったので二歩目も出してしまいました。


    パッヘルベル さん

    そうですね茶色いちまちましたものになると思うのですが高いし欠品しているし、、
    最初からドラゴン製を買ったほうがよっぽど安く済むのですがこれは高くつきそうです。
    もともと復帰して作り始めたのがほとんど先祖返りのような作ったことがあったものから始めているので自然とタミヤになるのです。
    何故かよそのものは抵抗があるから不思議です。
    そのくせ最近はタミヤに無い物は買っているからどうなっているのか!?です。



    4号戦車D型のこと、そもそも4号戦車を知らずに始めたので資料本を探して1冊注文。
    H型も注文。
    そのうちに茶色いものも、


    寸法の違いは当然車体下部にも及ぶので
    車体下部前面装甲板は取り払い幅を2.4mm狭める必要があります。
    車体下部を真っ二つにしなければならないので切れ物のノコギリが必要です。
    ダイハツ・ミゼットで使用した「職人気質 AL-K27」 0.1mm幅で刃のピッチが0.3mmのものは優れものなので大丈夫。

    mini_P9022376.jpg

    リアパネルを見るとおかしいことが判ります。
    目は何か変だと気づくもので、3分割の割合になるところ中央部が広くなっています。
    この部分で2.4mmカットして繋げるのは面倒しい。

    mini_P9022377.jpg

    転輪はH型のものが流用できるかどうか?
    ちなみにタミヤの35181のJ型を境に車体及びシャーシーの型が違っている模様。
    最新のブルムベアと35181のJ型は同じシャーシーということになります。

    脱線ですが、
    ブルムベアのシュルツェンはよくできていて薄いので少しだけ裏側を削ってあげたらエッチングパーツはいらないくらいです。
    濃い目のサフを下地に吹くことが必要みたいです。

    D型の製作を進めるうちに4号戦車の理解とともにいくつも修正箇所が出てくることかと思います。
    諦めずに続けられたら新作の戦車兵を乗せてみたいと思っています。

    #8 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » TAMIYA 1/35 4号戦車D型 » 2017-09-01 18:26:31

    hiranuma
    返信: 6

    どうしても我慢ができず、TAMIYAの4号戦車D型を製作します。


    mini_P8292368.jpg

    モーターライズだからとか寸法がおかしいキットとして有名ですがWWⅡドイツ軍戦車としては欠くことができない戦車です。
    3タイプ作ることができるキット内容でこれは思ったよりいいキットと思ったのですが、。
    何か間延びばしたフロント周辺の違和感が現実として違うことが解ってきました。

    mini_P9012369.jpgmini_P9012370.jpgmini_P9012371.jpgmini_P9012372.jpg

    3面図をもとにディテールの違いを検討したところ1/35スケールで
    車体幅:約3mmオーバー
    車体長:約4.5mmオーバー
    車体上部のテーパー角が少ない
    車体上部(ハッチ部分)の前傾角が少ない
    車体上部:ハッチ間隔が間延びしている
    車体上部:中央の点検ハッチの幅が不足
    車体上部:前面の幅が左右とも1.2mmほど広い
    両サイドフェンダーの幅が0.2mmほど狭い
    両サイドフェンダー前面の角度、長さに問題
    このことに伴う車体下部の課題として
    ドライブギアの後退はレイアウト的に適さない

    さて、どうするか!?
    M3LEEやM3GRANTのレベルを超えそうな改造が必要で製作を続行するべきか悩むほど、
    車体前面上部の左右ハッチのレイアウトは削って埋め直す以前に左右と上面の角度調整が必要で、、。
    有効かどうかあるもののハッチ周辺を切り抜き移動することが良いかどうか!?と。

    さらに、前後した車体上面前部の角度にも疑問があり装甲板の張り直しが必要かとも思えます。

    製作トッピックを立てたこと間違いではないかと思われるかも、、、、

    #9 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » TAMIYA1/48 GMC CCKW 353 AIRFILELD FUEL TRUCK » 2017-09-01 17:51:06

    hiranuma
    返信: 0

    はじめての1/48スケールキットの工作です。
    GMC CCKW 353シリーズのタンカートラックを製作します。
    著名な大塚康生さんなら仕様やディテールなど詳しいと思うのですがネット検索では情報が乏しく不正確な製作になるかもしれません。

    mini_P9012375.jpg

    この手のトラックなら一番に目につくのがフロントのガードなのでそこから始めます。

    mini_GMCSentaaPuaItalia1.jpgmini_a.jpgmini_gmc_04.jpg


    ラジエーター兼ライトガードの形状は板状のガードを組み合わせてボルトで締めてある構造です。
    左から二番目の従のラインの下側は曲がっていたりするのですが詳細が判らないので今回は無視して進めます。


    mini_P8192351.jpg

    板状の鉄板を組んだガードなので薄くスクウェアなエッジの状態にする必要があるのでスリットの間をナイフとヤスリで削って薄くしながら前後も平らにします。

    mini_P8192353.jpgmini_P8192353.jpg

    ライトガード部分は薄削りするのをやめて伸ばしランナーで張り直しにしました。

    mini_P8232360.jpg

    ボルト留めしてある感じを反映したくて

    mini_P8232360.jpgmini_P8232359.jpgmini_P8232362.jpg

    #10 Re: リアルスケールモデル、シヴィリアン(民間人)、ファンタジー、他 » 1/32 ダイハツ・ミゼットを使った情景 » 2017-09-01 17:22:33

    hiranuma

    ダイハツ・ミゼットの工作です。
    フロントのウィンカーを透明パーツのランナーから作ります。

    mini_P8102335.jpg

    枠をプラ板で


    0.2mmのプラ板をスクウェアにして嵌め込みます。
    ギリギリの寸法で押し込むようにしました。



    透明パーツのランナー部分を削ってサイズを合わせていきます。
    合わせていきながらヤスリ掛けして磨きを掛けます。
    これは3000番のスポンジヤスリの後に布に擦り当てます。

    mini_P8102336.jpgmini_P8102337.jpg

    位置合わせしてOK
    装着する際はカットした部分を接着して裏側を0.2mmのパネルでカバーします。

    ダシュボードと運転席周りの工作です。

    mini_P8112338.jpgmini_P8112339.jpgmini_P8112341.jpgmini_P8112343.jpgmini_P8112345.jpgmini_P8112346.jpgmini_P8112347.jpgmini_P8112348.jpgmini_P8112349.jpg

    分割した全体像

    mini_P8192350.jpg

    フロントライトの工作
    ガードをプラパイプから、レンズをキットの部品のエッジを削って加工します。
    ライト内側をプラ棒で作って電球を作っておきます。

    mini_P9012373.jpgmini_P8202356.jpg

    ドアとリアをカットしてしまったのでそのあと処理をします。
    ドア枠に合うようにプラ板を接着。
    荷台の上辺をカットしてから薄削りします。

    mini_P8262363.jpgmini_P8262364.jpgmini_P8262365.jpgmini_P8262366.jpgmini_P8262367.jpg

    Board footer

    Powered by FluxBB