JAPANミリテールフォーラム

ミリタリーモデリングディスカッションフォーラム (AFV, AIR, 艦船, フィギュア, ファンタジー, スケールモデル, ジオラマ&ヴィネット)

ログインしていません。

  • トピック: 活発 | 未返信
  • #1 Re: 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » ケッテンクラート 1/35 TAMIYA » 2018-01-05 15:42:32

    hiranuma

    延々と工作を続けているケッテンクラート
    自分では前期型を作っているつもりだったのですが
    前期型と後期型(リアシートの手摺に鉄板が張られているもの)以外にも前部の
    牽引フックの形状と位置が違ったものと前照灯の廃止された後期型などバリエーションがあるのは承知していました。
    秋頃に買った「グランドパワー2016年1月号 別冊 ドイツオートバイ部隊」の最後に付録的にケッテンクラートのことが開設されておりこれまで検索して集めた写真などでは解らなかったエンジン周りのことなどの理解が進んだのです。

    mini_P1052814.jpgmini_P1052815.jpg

    mini_P1052816.jpg


    年末に「PANZER臨時増刊 ケッテンクラート解体新書」を見つけ存在は知っていたものの買わずにいたのですが今頃になって買ってしまい、私が作っているものは何型!?と疑問符が、、。

    mini_P1052813.jpgmini_P1052819.jpgmini_P1052817.jpgmini_P1052818.jpgmini_P1052820.jpg


    タイトルの通り日本に3台(もしかしたらもう一台?)在ると言われているケッテンクラートの所有者の軍事車両勉強家の小林雅彦さんがふとしたきっかけで入手したケッテンクラートをレストアしてきた詳細と付随したケッテンクラートの分類やディテールをまとめたものです。
    静岡ホビーショーで以前に展示されていたのはおそらく小林さんのレストアしたものだったのだと思います。

    小林さんが調べた結果ではケッテンクラートは、
    試作型Kfz.620:1940年/70台
    0シリーズ(先行量産型):1940春〜1940年末/500台
    前期生産型:1941年末〜1943年初/約1000台
    中期生産型:1943年初〜1044中期/4000台
    後期生産型:1944年9月〜1945年5月/約3000台
    最後期生産型:1944末〜(?)/生産数不明
    戦後生産型:1945年5月終戦〜1949年/約550台
    の7つの分類になると書かれています。
    それぞれのタイプを横断して小改造が繰り返されたようで、
    ナンバープレートの有無
    前部車幅灯の形状違いと有無
    NSUのロゴマークの有無
    前輪フェンダーのステーの取り付け方と形状の違い
    前照灯の有無とフロントフォークの形状の違い
    フロントフォークの中央にスイングアームに付く左右3つの穴が空いている部品の有無(これが何なのか解らない)
    フロントの牽引フックの形状違いと有無
    リアシート脇の手摺の鉄板の有無(昔これは防弾効果のため付けられたという記述を何かで読んだ記憶があるが甚だいい加減な話と思えた)
    左右の燃料タンクキャップの脇の21L(給油量表示)のプレート溶接と同前部へのプレス
    エアフイルターの形状の違い
    バックミラーの有無
    左右の雑具箱(燃料タンクの後ろ側)の形状に違い(これに加えて表面のボルトの有無や形式違いもレストア時のものかもしれないが色々在る)
    ダッシュボード周りの細かな違い
    転輪の形状違い
    リアのナンバープレート取付部の形状違い
    ・・・などなどが混在していて何型の何とは言い切れないものが。
    なので、この自分勝手流に0シリーズの改良版(戦時で壊れたら直すことは多々)として捉えようと思います。

    それにしても作ってしましたものを直す必要が出てきたので
    前照灯にスイッチを付け

    mini_P1052821.jpg



    ハンドル基部のオイルダンパー部分をカットして(惜しくてまだカットできない)
    キャンバス製のカバーを被せることにします。

    mini_P1052809.jpg

    mini_P1052810.jpg

    余計なものを見てしまったので燃料タンクキャップ横の21Lの刻印をしたプレートも付けました。
    (まったく再現はできていないのですが 21L とでデバイダーの先で刻んだつもりです:気持ちが大切)
    キャップに4つのプレス突起も伸ばしランナーを刻んで接着してそれらしく作ってみました。

    mini_P1052811.jpg

    リアの手摺の厚みのある部分に0.1mmプラ板を巻きました。

    mini_P1052812.jpg

    そんなこんなで、また制作遅延

    #2 Re: 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » 【形研究・素組み】AIRFIX 1/48 ユンカース Ju87 B-1 スツーカ » 2017-12-30 19:17:15

    hiranuma

    Kazufumi さん

    Kazufumiさんが作ると素組みといってもなんだか精度の高いユンカースに見えます。
    キューンという急降下音を響かせて地上攻撃したユンカースは鷲の様で私も好きな飛行機です。
    飛行機模型の場合は、飛行姿勢の方が本来の姿で機体そのものの美しさが出ると思いますが、
    無骨で頑丈そうな機体と独特の形状の機体が個性的で塗装映えしますね。

    引き込み脚の飛行機の場合は地上での姿か飛行姿勢か選択を迫られるのですがユンカースはどちらでもOKなのがいいですね。

    飛行姿勢にする場合の問題点はどの様に展示するか(よくあるVの字にテーパーのついた先に載せるか、吊るすか)と
    プロペラ機の場合は、プロペラをどうするか?(透明な円盤に影をつけて見たりするケースはあります)
    これがいいと思えるものを見たことがありません。
    スケールの大小にもよりますが個人的には悩ましいと思っています。

    #3 Re: 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » ケッテンクラート 1/35 TAMIYA » 2017-12-29 08:50:34

    hiranuma

    エンジンと車体内部の工作が完了しました。

    写真を眺めつつワイヤーや配線つけて仕上げにほとんど見えない4気筒のスパークプラグのコネクタと配線をしました。
    ホーンの取り付けをしてその奥のオイルタンクの蓋の鎖が気になって、伸ばしランナーを結んだ結び目をカットして接着したものをつけてみましたが少し複雑すぎています。
    ま、それらしければいいかと。
    足元にワイヤーが左右のうちそとにL字状のワイヤーがあるので繋ぎ目をそれらしくしてみました。中央寄りのものは細いスプリングが巻かれているので伸ばしランナーをヤスリの角で削ってそれ風にしました。
    シートを接着していませんが車体内部はこれで完成です。

    mini_PC222778.jpgmini_PC222777.jpgmini_PC242780.jpgmini_PC242781.jpgmini_PC242782.jpgmini_PC242784.jpgmini_PC242783.jpgmini_PC242785.jpgmini_PC242786.jpgmini_PC242787.jpgmini_PC242788.jpgmini_PC272789.jpgmini_PC272790.jpgmini_PC272791.jpgmini_PC282792.jpgmini_PC282793.jpgmini_PC282797.jpgmini_PC282798.jpgmini_PC282799.jpgmini_PC282800.jpgmini_PC282801.jpgmini_PC282802.jpgmini_PC282803.jpgmini_PC282804.jpgmini_PC282805.jpgmini_PC282806.jpgmini_PC282808.jpgmini_PC282807.jpgmini_PC282808_20171228-0652.jpg


    この後はエンジンフードのヒンジの加工
    ドライブギヤの工作
    キャタピラの裏側の再現
    リアシート周りの工作
    牽引フックとマフラーの工作
    などが残っています。

    カーゴがあるのですが付けるかどうか悩んでいます。

    フィギュアとサボテンに地面を作って、飾り台を用意したら工作が終了します。
    どのくらいでできるかな〜。

    #4 Re: 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » St-Chamond M1921 スクラッチで製作するキットについて情報募集します。 » 2017-12-21 20:43:55

    hiranuma

    かば◎ さん

    ありがとうございます。
    これで製作するためのハードルが下がった気がします。
    プレート左右の文字はでっち上げになりそうですが。
    St-Chamond 六芒星 ○×M1921  みたいな感じで

    #5 Re: 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » St-Chamond M1921 スクラッチで製作するキットについて情報募集します。 » 2017-12-21 09:06:22

    hiranuma

    かば◎ さん

    流石です!!
    調べ物させたら一流ですね。
    これで一歩前進できます。
    六芒星の左右にある文字と数字は分かればよいのですが
    ダメな時は適当な当て文字にしようかと:hiranuma.No123とか(笑)。

    出所のアドレスがエラーですが、、

    #6 Re: 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » ケッテンクラート 1/35 TAMIYA » 2017-12-17 18:17:15

    hiranuma

    hn-nh さん

    過分なお褒めのコメントをいただきありがとうございます。
    絵画や書道や音楽などその人の技術が優れていることによる作品のできが良いのはプロだと思うのです。
    私の場合は、できるまで失敗を繰り返して(1つの部品を作るのに5個から10個程度)使えそうになったものを
    組んで時間をかけているだけなので大したことはしていないのです。
    やっていることは、実物や資料から見えてくるカタチを模型的に反映できる工作の努力をしています。

    おっしゃるように目が大事で視力低下に伴い工作用メガネとして3つにハズキルーペを使用していますが限界なので3.5倍の替えレンズのものを買ってみました。
    安物なのでイマイチです。
    8倍の実体顕微鏡を買おうか悩んでペンディング。
    myouchinさんが使っているルーペも試しましたが私には合わないようです。
    微細加工と微細なペインティングへの課題があります。
    タミヤのヘッドルーペは2.5倍なので躊躇です。

    #7 Re: 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » ケッテンクラート 1/35 TAMIYA » 2017-12-13 22:23:37

    hiranuma

    インテリアの工作

    ケッテンクラートのエンジンへの追加工作、周辺のコード、ワイヤーを付けたので
    車内で残すは足元の左右のワイヤーとエンジン周辺のホーンなどです。

    mini_PC052756_20171213-0611.jpgmini_PC052759_20171213-0611.jpgmini_PC052760_20171213-0612.jpgmini_PC122765.jpgmini_PC122766.jpgmini_PC122767.jpgmini_PC122768.jpgmini_PC122769.jpgmini_PC132770.jpgmini_PC132771.jpgmini_PC132772.jpgmini_PC132773.jpgmini_PC132774.jpg


    これが終えるとメーターパネル、エンジンフードのヒンジ、カバーシート、リアシート
    フリントフェンダーの左右のスモールライト、マフラーにテールランプ、牽引フック、銃架

    その前にNSUのロゴマークがやはり気になって

    mini_PC062764.jpg

    あれこれ作りますが、アトムの頭のような膨らみのある感じを作るのが難しい
    そこで、角をカットしてRをつけたものを接着して角が尖った感じを丸くしました。

    mini_PC132775.jpgmini_PC132776.jpg


    次は、足元へ戻ってキャラピラの裏側、起動輪で完成になります。

    牽引フックとテールランプの加工、カーゴはどうするか?

    サボテンと一匹を地面を作ってレイアウト

    メンテナンス中の兵士を1体

    飾り台を高めにして磨き上げることで完成の予定

    塗装は少しづつです。

    まだ、だいぶ時間を要します。

    #8 Re: 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » ケッテンクラート 1/35 TAMIYA » 2017-12-09 18:45:37

    hiranuma

    urasof さん

    私がプラモデルをしていたのは中学生から高校生、一部大学時代もかな!?です。
    昭和20年代の末に生まれたので還暦を過ぎています。
    40年ぶりにプラモデル復活したのは、4年ほど前に石坂浩二さんがTVでろうがんず杯を始めると話をしていて、大賞が30万円と聞いてプラモデル復帰しました(動機がどうかというより石坂さんの言葉どうり家族の説得の名目になりました)。
    ※ でも賞金は欲しかったです!!(笑)
    少年時代に横浜の桜木町にある千代田ママストアーのプラモデルコンテストに3年ほど続けて出品して、
    銀賞:海軍少将(MM1/35改造)、銀賞:キングタイガー、銀賞:タイガー1を受賞してプラモデルの商品を一杯もらえてうれしかったものです。
    その頃見ていたのはホビージャパンとタミヤニュース、タイガー1等の写真集、イエナ書房の洋書でいくつか買っていました。
    作っていたのは、タミヤのMMがほとんどで、上記の他に M3LEE、ケッテンクラート、BMW R75、ウィリス・ジープ、ヤークトタイガー、ヤークトパンサー、2号戦車、3号戦車
    KV-1、シュビムワーゲンなど、 飛行機もレベルの1/72でハリケーンなどいくつか作っていました。
    タイガー1やキングタイガーの場合はツメリットコーティングの方法が無い時代でしたので接着剤を装甲板に塗りたくって半渇きの状態のときにマイナスドライバーで押し刻みをして表現しました。着弾した弾痕も蚊取線香や炙ったドライバーの先でそれらしくして満足していました。
    今ほどのことは無いにしてもウェザリング的な塗装も行いカッコ良かったです(自分で言うか!)。

    このときの思いでがあるので、M3LEEやBMW R75、ケッテンクラートなど作っているのは自分ではできなかったディテールアップのリメイクなのです。
    特にM3LEEなどは先人のやってこられたヒンジを再現してハッチの稼働を試みたので作り込みというか実物に近づけたい、リアルなものにしたい、裏側はどうなっているのか? などの想いをカタチにしたので満足感半分、課題半分(その後壊れたヒンジが多い)です。これは次回作で挽回したい課題です。

    長くなりましたが、復帰までブランクの間は情報が断絶していたため高名なお二人の名前を知らないままでした。

    #9 Re: 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » ケッテンクラート 1/35 TAMIYA » 2017-12-08 16:40:01

    hiranuma

    urasof さん

    コメントいただいた返信として不明瞭な記述だったですね。

    「頭の中では、かつての上田暁さんや川口敬太郎さんたちとダブって見えてますよ。」
    と言っていただいたのが褒め言葉かアホか!なのか分からないのはご指摘のお二人を知らないからです。
    おそらく「プラモデル工作でディテールに拘りの強い人ですね」くらいの意味なのでしょうか。

    ある方に勧められて、このジャパンミリテールフォーラムに参加登録して投稿させていただいていることは、とてもうれしいことです。
    孤独なモデラーが語り合い作品を表明する場に居れることに感謝です。
    ただ自分が思う様に模型を作っていることを表明していることで、見ていただく方が参考になることがあればうれしいだけです。

    あるメーカーの方から言われました。
    「ストレスがたまらないなら、 本当にお好きなんだなー」と。
    建設的なストレスはありますが、作ることのよろこびで脳内麻薬が出ています。

    #10 Re: 単品(AFV,エアクラフト,艦船,フィギュア,他) » ケッテンクラート 1/35 TAMIYA » 2017-12-07 15:04:55

    hiranuma

    urasof さん

    コメントいただきありがとうございます。
    そうなんです。
    できたら1ヶ月に1作品できたらいいと思うのですが、、とんでもなく迷走して。
    でも好きなのでヤメられない止まらない(お菓子の宣伝!?)のです。
    しかも作ったキットは予備や次回作用に複数持っているので何台も作る気でいるから
    部品を作ったら2台目用に同じものをプラ板で作ってとって置いたりします。
    だから2台目ならスピードが上がるはずと思い込んでいますが更に細部に目が行くことも、、。

    積んでおくのは極力抑えているのですが、良いキットが出たら欲しくなり増えます。
    部品を眺めて楽しむのもプラモデルの楽しみですから。
    今はWeb検索できるので良い時代になりましたが資料書籍はやはり欲しいものでこれも徐々に増えます。

    ツールも良いものを揃えたい、一生ものだからと高いルーターを買ったり
    ヤスリセット12本組を揃えたり
    メガネを新調して、足りずに3.5倍の工作用メガネを買い、次は8倍の実体顕微鏡か、、、。

    新しく買ったコンプレッサーもタミヤ製なのでプラモデルとその周辺のモノへの投資は続いています。
    何か言い訳めいてますね。



    かば◎ さん

    ケッテンクラートは前期型と後期型(リアシートの手摺にガードが有るのが後期型)の2種類と思っていましたが
    さらに細かくバージョンがありそうです。
    前照灯の有無(後期以降に廃止)もそうです。
    車内のスイッチ類やミッション上部の構造も違いがあり判然としません。

    NSUのロゴは概ね付いているようなのですが薄くて実写ではよく分からないものもあります。
    またバッジタイプのひと回り小さなものを前部コーナーから少し後退した位置につけているものもあります。
    無いものもあるような気がします。
    レストアされた現存の車体のものには痕跡が見えないものもあるので、付けられていないものか剥がれたものか分かりません。
    そもそも貼ってあるのか鋳造モールドなのかも疑問です。
    コーナー部分の強度確保のため鋳造部品で作られたものか。

    吹き出しと呼んだのですが、鉄腕アトムの頭の様でRのついた膨らみが気になり直線的なものと違うので
    再度作り直すか!?と思う自分(研究所の所長の声)が居て困ります。


    mini_kettenkrad-4.jpg

    mini_122-2293_img.jpg

    mini_Kettenkrad_Br_02-1.jpg

    Board footer

    Powered by FluxBB